人生いろいろ

以前、20代だった頃その10年間はクスリが大好きな青年がいました。
彼は何かあるとすぐに病院に行きクスリを処方してもらっていました。彼を悩ませていたものは偏頭痛と胃痛…



偏頭痛は十代後半からはじまり胃痛にいたっては小学生の高学年ごろに神経性胃炎と診断されたというからかなりのベテランです。
そんな彼が29才の時ひょんなことからカイロプラクティックを受けることになりました。
しかし、彼は病院大好き、クスリ大好きでしたから

『症状が辛ければその場だけでもクスリでラクになればいいや、こーゆーカラダなんだし。』
『そもそもカイロなんてそんな怪しいもので良くなるはずない。』

と思っていました。そんな彼でしたが紹介者の強いススメでとりあえず何回か受けてみることに。

2週間ごとに計3回受けてみましたが彼の体調はなんの変化もありません。

『次で最後にしよう…』

当たり前ですが彼の頭には自然とそのフレーズが浮かんだそうです。

運命の4回目、結果は………





おや、もうこんな時間に

それではまたの機会に (^_−)−☆


前へ

お正月明け

次へ

人生いろいろ2